ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

空の空、空の空なる哉、都て空なり。と、我が脳内のストレングス・ファインダー内省さんが、いい声で言った。

年度末の人事は、殺伐としている。そのなかで唐突に、脳内の内省が声をだした。内省さんは、賢者なので、朗々とした美声である。こういう意味である。「虚無の虚無、虚無の虚無なる哉、すべて虚無なり」 共感性さんが、あわてる。「やばくない?だいじょうぶ…

人事的日常――変な時期の採用は、ブラックに思われないか心配する。からの、死亡退職。

*変な時期に採用する話(1月に4月採用)。 同僚 「この時期に、この募集人数、ブラックに見えませんかね」上司 「業務拡大のため、とか、つけとく?」わたし「改組のため、いっしょに改革をしてくれるひと募集!」同僚 「やばさがにじみでてる」みんな「は…

採用側はコロナ期に履歴書をどうしているか:土器に彩色してる。

うちは電子化がとても遅れている。感覚でいうと、鎌倉時代である。やっと二毛作をはじめた。牛馬でたがやすことも覚えた。だよねー、人力つらいよね!しかし飢饉がおきるともう、新仏教つくるしかできない。イエス!おどり念仏!履歴書、約100枚を、面接…

新任採用担当が、就活の謎の伝承を検証する。その1。

新任人事の忘備録、就活のなぞの伝承をあらいながす。 就活のときに、学生のあいだではやった流言を、ふいに思い出しては、つっこみたくなったので、フレッシュなうちに書きこみたいと思います。

朱いろの小袖から、まっしろな手首がのぞいている。

手がみえる。朱いろの小袖から、まっしろな手首がのぞいている。手は、本をならびかえている。島田に結いあげた髪がみどりに光り、眉じりがきりりとあがっている。本棚のまえに、女が立っている。二本のはずなのに、あんまり忙しげに手が動くから、千手観音…

新時代にいきる女性たちへ。

みどりの黒板いっぱいに、まるっこい字で、先生が書いている。その日が、4月のはじめての授業だった。中学2年生相手に、先生は好きなことばを書いている。20代後半くらいにみえた。よく通る声の、華奢な国語教師だった。黒いショートカットに、くっきり…

ちゃいろい、かたまり。

ちゃいろいかたまりがあります。くたびれた、ちゃいろい毛皮です。みなさんごぞんじの、犬です。よごれてません。これがいつもです。もそもそしてます。犬は、いつもイケメンではありません。あんしんしてください。 (愛犬ホームズ著『アート、それは犬』よ…

風のとおりみち

風がね、ふいてます。犬もね、きもちいいです。人間もね、きもちよくなるといいです。犬は、いつもいっしょです。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

あたたかなまなざし、とうめいな冷厳さ、ひとしずくの狂おしい哀惜

ところで、この思想家、ものすごく好きです。 この方の、『逝きし世の面影』。文面からただよいでる、人間へのあたたかなまなざし、とうめいな冷厳さ、ひとしずくの狂おしい哀惜。1行読むたびに、胸がつまって、ひと息おきたくなる。ミネラルウォーターを流…

さんぽきらいの理由

犬がさんぽを好きじゃないのは、「せまい世界のなかにこもっているほうが安心だから」「自分の序列がさがってしまうから」「自分に自信がないから」だからだそうです。むつかしいです。悪口いわれてます。犬のこの無垢な顔を、みてください。 (愛犬ホームズ…