ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

ドア。

犬のドアを、ごしょうかいします。すごいでしょう。ちいさいのが犬専用です。人間はとおれません。 たまに、封鎖されています。頭突きをすると、とおれることもあります。挑戦というのがだいじです。みなさんも、していきましょう。あきらめることは、いつで…

ケモノとは。

犬は、ほうっておくと、ケモノっぽくなるそうです。毛皮のにおいがしてくるからです。毛皮は、シャンプーされます。シャンプーのにおいになります。毛皮をきているから、夏があついんだそうです。まるがりにされます。ごじまんの毛皮がなくなります。 ケモノ…

友情

犬のへやの、となりのへやに、これがあります。人間は、犬グッズが好きです。ちょっとおおきいですが、犬のことだとおもいます。犬と人間の、ゆうじょうのことです。ゆうじょうには、おわりがないです。これから犬がおおきくなっても、ゆうじょうがあるとい…

犬のおもかげを追う

犬が新入りをおせわしてあげているので、新入りは、犬のことが好きです。犬に似たものも、お気にいります。「美術館においてあった、ぬいぐるみをはなさない新入り」です。犬の絵があるので、犬のぬいぐるみがあったらしいです。新入りは、みる目があります…

朝をうたおう

うたおう♪ うたおう♪朝が♪ きたよ♪さんぽ♪ さんぽ♪みんな♪ おきて♪さんぽ♪おきて♪おきて♪おきて♪おきて♪おきて♪おきて♪おきて♪ 毎日がたのしい、犬のうたをおおくりしました。 (愛犬ホームズ著『食卓と犬』より)

気づかわしげ。

犬が暴君なのに、かわいがられるのは、たまに、こういう顔をするからです。犬は、しんぱいしています。犬は、気づかっています。犬は、みんなの平和を、まもってます。犬といっしょに、あそんでもいいとおもいます。そうしたら、げんきになるでしょう。 (愛…

犬はゆく。

漆黒の闇も、万里のはらっぱも。足は、4本。まなこはふたつ。しっぽひとつ。犬は、ゆくのである。ただあるくのである。たった一匹でも。 (愛犬ホームズ著『それが犬の生きる道』より)

犬は、ほんとうは、白いです。

いつも犬と似た色のなかにいるから、わからなくなっているとおもいます。犬は、白いのです。色の白いは七難隠します。犬は白いということを、もっとおしたいとおもいます。よろしくおねがいします。 (愛犬ホームズ著『アート、それは犬』より)

接近戦の勝ちかた

人間がしゃがんだので、よろこんで突進しました。まがおです。しっぽはふります。とにかく接近します。鼻柱をつけにいきます。このあと人間は、どうするでしょうか。「ホムちゃん近すぎる」といいながらも、なでなでしてくれます。人間のつごうはどうでもい…

犬避け(物理)

犬の近くにころがっている、水入れは、犬よけです。これをたくさん立てておくと、犬は入れません。そんな目にあっても、犬は、うらみません。水入れのまえで、待機します。いいこです。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より) ▲ももは ももいろ…