ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

新時代にいきる女性たちへ。

みどりの黒板いっぱいに、まるっこい字で、先生が書いている。その日が、4月のはじめての授業だった。中学2年生相手に、先生は好きなことばを書いている。20代後半くらいにみえた。よく通る声の、華奢な国語教師だった。黒いショートカットに、くっきり…

ちゃいろい、かたまり。

ちゃいろいかたまりがあります。くたびれた、ちゃいろい毛皮です。みなさんごぞんじの、犬です。よごれてません。これがいつもです。もそもそしてます。犬は、いつもイケメンではありません。あんしんしてください。 (愛犬ホームズ著『アート、それは犬』よ…

風のとおりみち

風がね、ふいてます。犬もね、きもちいいです。人間もね、きもちよくなるといいです。犬は、いつもいっしょです。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

あたたかなまなざし、とうめいな冷厳さ、ひとしずくの狂おしい哀惜

ところで、この思想家、ものすごく好きです。 この方の、『逝きし世の面影』。文面からただよいでる、人間へのあたたかなまなざし、とうめいな冷厳さ、ひとしずくの狂おしい哀惜。1行読むたびに、胸がつまって、ひと息おきたくなる。ミネラルウォーターを流…

さんぽきらいの理由

犬がさんぽを好きじゃないのは、「せまい世界のなかにこもっているほうが安心だから」「自分の序列がさがってしまうから」「自分に自信がないから」だからだそうです。むつかしいです。悪口いわれてます。犬のこの無垢な顔を、みてください。 (愛犬ホームズ…

慈しみ深きノートルダムの炎上

燃えあがるノートルダム寺院をかこった市民たちが、アヴェ・マリアを歌っているというニュースを聞いたとき、ぞくりとした。あまりに絵画的だった。伝統的といってもいい。中世ヨーロッパのできごとかと思った。 ノートル=ダムとは、わたしたちのマダム、す…

カザフの英雄は、無選別に旅立った。

カザフの英雄が世を去った。ちょうど一年前。デニス・テン。世界的なフィギュアスケーター、享年25才。車のミラーをぬすむという、ちゃちな犯罪者に刺された。犯罪者にとっては、ミラーがあればよかったのだ。デニス・テンであることを、おそらく知らなか…

しゃれこうべに誓う

信長は残虐なのかという問いは、思考のたねにものすごくよくて、たまに考える。信長がこれはと認めていた縁戚に、挙兵される姉川の戦い。浅井は特別だったのだ。世が世ならば、名君とたたえられただろう。家柄もよければ、賢政をする才もあり、民を思うここ…

きびだんご

犬といっしょに、旅にでましょう。犬もいっしょに、ついていきます。犬はね、犬はね、人間といっしょです。おともします。今に生きてます。でもあしたも、おともします。 (愛犬ホームズ著『それが犬の生きる道』より)

人生名シーン回想モード

風邪をひいているので、さしいれにオロナミンCをもらった。あたまが煮沸されていて、オフィスワーカー系の海外ドラマかと思った。 ハーーイ!なあに、あなた朝から、この世のおわりみたいな顔してるの!(指先でつまんだオロナミンCを置く)あいかわらず、つ…