ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

2018-09-18から1日間の記事一覧

長崎/軍艦島:ほろびのパレルモの浅いささくれ

廃墟美。 戦前に炭坑の島として、栄えに栄え、東京以上の人口密度を誇り、のちに無人島となってから、野ざらしになった廃墟の島。荒廃してゆくものの滅びの美学。 らしいんだけど、ハケで一直線にぬったような青空だから、悲壮感がゼロだった。あんまり雲ひ…

名探偵ホームズ vs 鉄腕アトム

新入りがはいりました。よくしゃべり、よくうごきます。「頭のよさは、ほむちゃんと同じくらい」だそうです。なかなかいいんじゃないでしょうか。

金勝アルプス(滋賀県・605m):絶景アスレチック

岩崖絶景岩崖絶景 という感じだった。最高。 ケモノ道というか修行道というかアドベンチャーというか、あらあらしい道で、始終たのしくてしかたなかった。野を駆け、山を走り回る。ひとの野生がでてくるというか、童心が呼びもどされるというか。なんだか、…

なにもできない共感性とそれをまもる資質群の相克

共感性は、蔑まれてきた。弑されようとしたことすらあった。かれは弱々しく、なにもしない。あろうことか、足を引っぱる。走りだす右足をとるものがある。下を見るとそこにはかならず共感性がいた。かれはこちらを見あげない。どんな表情をしているか、たが…