ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

小噺

共感性は、ほんとうに、君のきもちがわかるのか?

わかーる わかるよ~♪ きみのきもちー! ファッションビルを横切っていたら、ふいに耳にとびこんできた。天井から注がれるメロディに、唐突に、全肯定された。前奏がない。いきなり、この歌詞がくる。わかる、わかるよ、きみのきもち。少女のような童顔が、…

勝間塾には、仲間がいる。

社会人になってからこっち、ほかに、いろんな場にでてきた。探してきた。しごとや同窓会ではない、つながりを。あらたな人間関係を。 学生のころまでは、みんなおなじエレベーターにのっている。6階までいくと、のりかえて、3階へ。そこで義務教育終了。高…

はじめましての方におすすめの記事(120記事から)

またちょっと増えてきたので、このブログらしい記事をピックアップします。はじめましての方は、ぜひこちらからどうぞ。 読みもの系 切なさ向上委員会 読むもの系の仲間なんですが、ぜんぜんつながっていないように見えて、つなげていってます。ぜひ上からど…

貴族の子女教育を、うけている。

イスのすわりかたを延々とくりかえしながら、目のまえにうかぶ映像。これはあれだ。上流階級の子女教育。映画タイタニックのワンシーン。ヒロインのローズは、決めかねていた。ジャックは平民だ。駆け落ちするということは、貴族階級を捨てることを意味する…

はじめましての方におすすめの7記事(50記事から)

50記事こえましたー。やったー。これからもがんばります。めざせ、とりあえず100記事。というわけで、いままでのなかで、よく反響をいただいたものを、ピックアップします。 ストレングス・ファインダーに興味があるひとは 資質ごとに、その資質の特徴…

高校生くらいのころ、宮沢賢治の雨ニモ負ケズをひいて、「さふいふ人にわたしもなりたい」といったら、

父が、しばらくだまって、静かな声でいった。「デグノボーとひとに呼ばれるのは、きついものだよ」 た、たしかに。意図するせざるにかかわらず、父から、そこはかとなくただよう哀愁。高校生は、二の句をつげられなかった。 なぜこの話を思い出したかという…