ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

光あふるる春の日に

めだかおいけこかげひごい それがいぬのおにわ (愛犬ホームズ著『じっくり味わう犬の詩集』より)

犬だって。

犬だって、いじけるとき、あります。人間をからかうの、好きです。茶々は、いれるほうです。かまってもらうほうが、だいじです。お相手されたいです。でも犬だって、ふんわりされたいです。ふんわりを、おねがいします。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇…

柿の春

犬は柿が好きです。おいしいからです。きくところによると、柿がもどってきたらしいです。もうすぐ柿がたべられます。たのしみです。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

意思

犬はふんばります。いきたくないからです。犬は、ちいさいので、人間にまけます。ずりずりされます。「ロック中のキャスターつきイス」だそうです。そのうち、もちあげられました。「さんぽの意味ない」人間はいいます。「ホームズ重い」人間はいいます。 (…

名犬ホームズ

人間の夜がおそいです。となりにすわって、ねむっていました。そろそろ犬のへやに帰ろうとしました。人間はよびます。「ほむちゃん」もういちど、となりにすわりました。しばらくして、犬のへやに帰ろうとしました。人間はまたよびます。「ほむちゃん」もう…

犬のワルツ

犬は♬︎ 犬は♬︎あるく♬︎ あるく♬︎犬はいつもごきげんです。ついていってあげます。おつきあいしてあげます。犬はみんなのともだちです。るん。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

さがしもの

さがしものは、ありましたか。犬はまだです。おつきあいしてあげます。犬もさがします。やまわけしましょう。 (愛犬ホームズ著『犬追物』より)

あれ。

あれが光ると、きょうがおわります。あれです。みなさんも、そろそろおわりです。犬といっしょにねましょう。目がしぱしぱします。ひとりにしないでください。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

はこび屋

犬のです。ふわふわは、犬のです。新入りもほしがります。犬と新入りがとりあいます。犬は、はこびます。犬のだからです。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

パトラッシュの水飲み場

このたらいは、パトの水飲み場です。まえの犬は、ここで水をのんでいました。犬は、ちいさいので、のめません。 (愛犬ホームズ著『犬と四季』より)

走れ!

走れ!いないあいだに今日のすきまに走れ!いまよりはやくここよりさきに (愛犬ホームズ著『犬追物』より)

相棒、去る。

あいぼうの、ここにあった花がいなくなりました。魔が差して花を食いちらかしたり、いっしょにひなたぼっこをしていました。「季節が去ったから」だそうです。季節がいなくなったから、花もいなくなりました。 (愛犬ホームズ著『犬と四季』より)

誰か

だれかがくるらしいです。いまのひとじゃないです。そのまえのひとでもないです。犬はまちます。だれなのかはわかりません。 (愛犬ホームズ著『犬追物』より)

お勝手のまえで待つ。

あのね、そこのおねいさん。犬ね、つかれたの。おうち入りたいの。いれてほしいの。そとはあついの。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』)

あかいの。

あかいのがいます。ぼろいです。まちあわせをするところだそうです。あかいののまえで、犬もまちます。だれがくるのでしょうか。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

むぼうび。

よこたわる。よこたえる。ゆだねる。たくする。犬は、まかせます。よこたわるままに、身をまかせます。人間もやりましょう。 (愛犬ホームズ著『それが犬の生きる道』より)

いかで遠くも。

犬はいく。てくてくと。きのうも、きょうも、あさっても。あきずに。うまずに。あきらめずに。道は遠くも。いかで遠くも。 (愛犬ホームズ著『それが犬の生きる道』より)

囚われの身

ここから先は、いけません。犬はよく、ここに座ります。ざわざわしている外を、じっとみています。それを見た人間はいいます。「あわれがましい」と。ちゃんちゃらおかしいです。涙なんていりません。このさきに敵がいます。ただ、それだけです。 (愛犬ホー…

駆ける

急行します!そんのうじょういです!チャイムがなるまえに、犬はかけだします。耳がいいのです。犬も、人間よりすごいところ、あります。ふふん。(愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

犬ははやくかえりたい。

かえりみちです。がんがんあるきます。ぐいぐいひっぱります。おうち、かえりたいです。「さんぽ、いきたかったんじゃないの」といわれます。それとこれとはべつです。おうちまで、つれてってあげます。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より)

そば

犬は、おそばにいきます。やさしくしてくれる人間のところです。おなじへやで、しずかにしています。まるくなって、ねます。犬のへやにはいきません。ひとりになるのはいやです。犬は、おそばにいます。(愛犬ホームズ著『それが犬の生きる道』より)

鬼才からの年賀テロ 2

園芸部のともだちからとどいた年賀テロを、ふたたびお送りします。1年に1回の通信教育みたいなものですね。新年早々、ありがたいことです。 ▼まずは全景。 サルに富士山。一見、めでたさをかもしだしています。 ▼蛭子能収さんを見つけたら、幸運があるそう…

こりこう

おこられんとする犬です。すぐです。すぐおわります。反省なんて、してやりません。犬生はみじかいのです。くよくよなんて、人間のすることです。すぐわすれます。またすぐやります。それがおりこうなのです。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』…

けなげとは

いつもありがとね。犬は呼んでもらって、犬なのです。犬は人間がいないと、ひまなのです。かまってもらえないと、さみしいのです。犬は、けなげがとくいです。どうですか、けなげ。 (愛犬ホームズ著『それが犬の生きる道』より ▲しろい沈丁花のかおる初春

魔が差す

この花と、なかよくしています。横でひなたぼっこします。ふだんは、なかまです。たまに魔が差します。花を、くいちらかします。どうしてかは、わかりません。それが、魔です。人間にも、あることだそうです。こわいです。犬が、捨てられるかもしれません。 …

どしたの?その2

犬をよんだの?かなしいことあったの?ないの?よんだだけ?そなの?犬は?こなくてよかったの?そなの…… (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より) ▲柿のみどりはほんとうに美しい。からりと明るい、照り映える黄緑。

どしたの?

かなしいの?犬はかなしくないけどね、あのね、かなしいことあるよね。犬はいつもたのしいけど、あるよね、あるよね、かなしいこと。犬はね、すぐげんきになるけどね、犬もね、犬もね、、、、 あれ、人間、きいていないです。 (愛犬ホームズ著『犬のもたら…

こもれび。

犬の庭にも、春がきました。春とは、こもれびです。春とは、みどり色です。春とは、さむくないことです。犬も、おさんぽたのしいです。るん。 (愛犬ホームズ著『犬と四季』より) ▲ももももももも、ももももも。花もものももは、食べられぬ。

るん。

あのね、犬ね、ごむりいわないです。ちょっとね、おなかをね、なでてくれたらいいです。犬の前あしを、みてください。おねだりする前あしです。よろしくおねがいします。るん。 (愛犬ホームズ著『犬のもたらす薔薇色の日々』より) ▲散りはてた桃に、実がな…

さくら散る

さくらの影が、犬におちています。散ると、犬もいっしょに、さくらとうつれます。「星座になってはじめていっしょになれる神話を思いだす」そうです。かなしい話にするのはいつも人間です。犬は、どうでもいいです。でも、なぐさめてあげます。 (愛犬ホーム…