ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

責任感のものがたり

 

やるといったら、やり遂げる。
そうやって切り開いてきた。
やりたいことをコミットしよう。
引き受けたことは、やれること。
ハードルを越えていこう。
越えていける。
実行できる。

約束は破らない。
有言実行、不言実行、やるといったらやるのだ。
つべこべいわない。
ここからここまではわたしが背負い、全うする。
だれにいわなくても、わたしはできる。
それがわたしだ。


でも、がんじがらめになって、ときに苦しくなる。


もう、ちゃんとしてよ。
やるっていったでしょう。
できないことは言わないの。
言ってたことがなんで変わってるの?


相手も責めるけれど、自分も責める。
だって、だって、言ったんだから。
そうと決めたんだから。
だからしなくちゃいけない。
遂げなきゃいけない。
それがわたしの生きる道だ。
そうでなきゃ、ここにはいられない。
それを負うているんだから。
できるわたしだから評価されてるんだ。
できない自分は消え入りそう。
助けをもとめることはできない。
ふんばって、あともう少し。
重い荷車を押して。


あと、もう少しだから。

 

 

 

・言ったことが変わるのが普通の人:適応性×ポジティブ

・枠がない人:着想、適応性

 

ストレングス・ファインダー 実行力資質
アレンジ 回復志向 規律性 公平性 慎重さ 信念 責任感 達成欲 目標志向

 

十字架を背負う責任感に、ひとときの安らぎがありますように。

いつかは行きたい 美しい場所100