ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

ほんとうは故郷なんてどこにもないんだとわかっているのに、どこかへ強烈に曳いていく、わびしさもない、つらさも息苦しさもない、透きとおった感情だけがあるような音色。

大河ドラマ清盛の第1回、子どもの歌が流れたときの、あの、あたまをなぐられたような感覚は忘れられない。

  遊びをせんとや生れけむ
  戯れせんとや生れけん

画面のこちらで、目をむいた。
梁塵秘抄だ!音色があったんだ!
音階がひとつかふたつ、少ない気もする。
7音に慣らされているのか、元来、ひとの心のうちはそういうものなのか、この音の落ちぐあいは、どうも不穏な気持ちにさせられる。
この2行だけを、延々とループしている。
この今様は、もっと長いのに。
部屋のあちらこちらから、白い薬包が、ひとつまたひとつと、見つかっていくような心地になる。
もちろん薬包には、くすりの名は書いていない。
透けるようなうすい和紙を、ていねいに折りたたんである。
なかみのくすりは、白。
なんの手がかりにもならない。


いきなりこの音色をもってきたということは、今年の大河は、こういう路線でいくのか。
清盛は、なかなかむつかしい。
どうやってヒーローにするんだろう。
このとき、時代は義経を待っている。日本史のほこる悲劇のヒーローが、このあとに待機している。
おごれるものである平家を、義経に討滅させられた平家の領袖を、どう描くのだろう。
そう思っていたところに、この音色。
どちらかというと、たたかう意気をそがれる。
高揚感とは、ほど遠い。末法の谷底に落とすかのような旋律。

 

ここで、時間をまきもどして、大河ドラマの最初の音色をきいたとき、どうしておどろいたのか。
ちがった音色として、思い描いていたからだった。
『舞え舞え蝸牛』という、田辺聖子が書いた本のラストシーン、この今様が歌われる。
この本は、おちくぼ物語を、すこし色をつけて小説にしたもので、おちくぼ姫は、シンデレラである。
つまりはシンデレラストーリーで、そのラストシーンにこの今様が流れるのだ。
勝利の酒宴。
大団円の、それはそれは、騒がしい宴のおり。
宴もたけなわ、みなで唱和する。

  遊びをせんとや生れけむ
  戯れせんとや生れけん

かなりたのしげな音階をあてるのは、自然なながれだと思う。
このとき、遊びや戯れに、そんなに強い意味はあてられていない。
笑いさざめく、こころよい時間くらいの味覚かと思っていた。

今様は、こうつづく。
かたつむりに舞を強要しておきながら、うまくいかなかったら馬で踏みつぶすぞと脅す。
馬の子や牛の子に、蹴させてん。
田辺聖子もふれていたような気がするけれど、この歌詞を、宴会で歌う。
そのメンタリティがよくわからない。
そして、大河ドラマにひっぱってくる意図も、むつかしい。


いや、違うか。
梁塵秘抄が、よくわからないのか。
この時代の、平安末期の感覚がつかめていないのか。
遊びをせんとや、生まれけむ。
この世はうつせみ、栄華もたわむれ。
あちらこちらに散らばった白い薬包が、「わたしをお飲み」と、せまってくる。
あおってしまっていいものか。あとには安寧があるのだろうか。
少なくとも、この曲を延々とループしていると、終わらないあやとりをさせられている気になる。

そして、帰るところはどこにもないのに、どこかへ帰らねばならぬ気に、強烈にさせられる。

 

  遊ぶ子供の声きけば
  我が身さえこそ動がるれ

  舞え舞えかたつむり
  舞はぬものならば
  馬の子や牛の子に蹴させてん
  踏破せてん
  真に美しく舞うたらば
  華の園まで遊ばせん

 

 

(ご参考まで)

舞え舞え蝸牛―新・落窪物語 (文春文庫 た 3-13)


遊びをせんとや生れけむ