ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

貴族の子女教育を、うけている。

イスのすわりかたを延々とくりかえしながら、目のまえにうかぶ映像。
これはあれだ。
上流階級の子女教育。
映画タイタニックのワンシーン。
ヒロインのローズは、決めかねていた。
ジャックは平民だ。
駆け落ちするということは、貴族階級を捨てることを意味する。
ローズは生まれてこのかた、イギリスの階級社会をいきてきた。
没落しつつあったとはいえ、そうでないクラスにいたことがない。
あれほど大胆で、情熱的な17の女性が、望まぬ結婚のまえに、思い詰めるほかなかった。
そこにあらわれた貧しいアメリカ人。
ローズは逡巡する。
目の前で、ちいさな貴族令嬢が、母親にテーブルマナーをしつけられている。
このころ、こども服という概念はない。
こどもも、淑女の衣装をミニチュアにしたものを、着ている。
ちいさな淑女は、背筋をぴんとのばして、もったいぶってスプーンを置く。
ローズはそれを見て決めるのだ。
わたしはこの身を封じるものを、断ち切る。


タイタニックのちいさな令嬢がスプーンをおいた瞬間に、ざっと連想がきりかわった。
若き日のダイアナ元妃。
金の髪に、シベリアンハスキーのような碧眼。
海というには、少しうすい。氷のような青。
やや、つめたくも感じる。
白皙のほおは、あまりに白いためか、血潮がういて薔薇に近い。
鼻梁のとおった、整いすぎた美貌が、ふいにくずれた。
彫像がくずれるようで、あ、と思うと、それはほほえみだった。
ほほえみのなかに、含羞があった。
はにかみの笑顔。

ダイアナ元妃はティーンエイジャーのころ、スイスの女学校へ通っていた。
イギリスの伯爵令嬢が、なぜスイスまでと思ったら、上流階級のための花嫁学校らしい。
まだあったんだ。
身分制度が温存されている欧州は、さすがに違う。

さらに連想が、切りかわる。
世界名作劇場の、小公女セーラ。
舞台はロンドン。
ミンチン寄宿女学院は、良家の子女のための学校だ。
テーブルマナーのクラスも、フランス語のクラスもある。
あたまの上に本をのっけて、歩く練習をするクラスが、たしかあった。
ぶあつい本があたまから落下して、怒られるシーンに覚えがある。
これと同じだ。


そう、いま、わたしはイスのすわりかたを延々とくりかえしているのである。
そんなこと、学んだことがあっただろうか。
みぎ足、ひだり足、イスのまえで右にスライド。
練習しながら、思いだす。
ない。
保育園のころ、静かに座りなさいとはいわれた気がする。
小学生のころ、起立・例・着席とは、やった気がする。
どちらかというと、軍隊的なマスゲームだった。
それを、大のおとなが、大真面目に練習している。


みぎ、ひだり、イスのまえで右へふみこむ。
ひだりのひざ裏を、座面にあてる。
イスとの距離感を、ひざでつかむ。
ためらいなく腰をおろす。

はい、もう一度。


ポスチュアウォーキングの講座を受けながら、はっとした。
ウォーキングは、ウォーキングではない。
その昔は、コルセットをきて、イブニングドレスをまとい、ルージュをひくのとおなじラインにあった。
髪をゆいあげるのも、エレガントにあるくことも、セットになっていた。
自分にあうコスメをたんねんにさがすのに、トリートメントにはお金をかけるのに、ここが抜けおちている。

コルセットをやめて、ココ・シャネルが新時代の女性を定義しなおしたときに、たぶんいっしょにおっことしたんじゃないか。
コルセットといっしょに忘れ去られてしまったんじゃないか。
コスメボックスの充実をはかるより、こちらに足をふみいれるべきじゃないのか。


そういいたくなるほどに、ウォーキングの先生の、立ち居ふるまいの美しさはめざましかった。
あきらかに、増幅装置になっている。
あるき方も、すわり方も自然なのに、上品で、上品すぎない。
ご本人のしぐさは、どちらかというとキュートでアクロバティックなのに、品がさがらない。
もちろんメイクもファッションも、手ぬかりはないけれど、そのためではない。
手足の長さも、甲乙かと問われれば、甲かと思うけれど、手の届かない逸しかたではない。
パリコレでしか見かけないひとならあきらめるが、たぶん御堂筋でもあるいている。
なのに、違う。
よくみると、抜群に違う。
洗練が、そこにある。


実のところ、立ち居が美しいひとは、過去にいくらでもいた。
3歳のころから、クラシックバレエをやっている。そりゃ、勝てない。
大学までスポーツしかしてこなかった。そりゃ、勝てない。
実家が厳しくて、ふだんから和装をしている。まねできない。

そのなかで、この先生は、数年まえまでただの一般人だったらしい。
見てみて、先生のビフォーアフター写真。

 

(この記事のまんなかのへんのリンクに、先生のビフォーアフター写真が)


もしかしたら、わたしもこうなれるかもしれない。
しかも短期間で。
10年とかかからずに。
できれば1年。
もっとうまくいけば、半年で。
しかも、特別に時間をさく必要がない。
多少、いつも腹筋に力をいれろといわれたとしても。


というわけで、みなさんもぜひ子女になりませんか。笑
まずはイメトレでも。

タイタニック (字幕版)

タイタニック (字幕版)

 
世界名作劇場・完結版 小公女セーラ [DVD]

世界名作劇場・完結版 小公女セーラ [DVD]