ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

宇多田ヒカルのwait&seeは、なにを待ってほしいのか。

宇多田ヒカルは18歳のころ、wait&seeでこう歌った。
「変えられないものを受入れる力、そして受けいれられないものを変える力」がほしい。
旋律はじりじりと、息苦しいまでの焦燥感に、みちている。
wait&seeというタイトル自体も、「待って」といっている。
ちょっとだけ待って、ねえ待って、もう少しわかってくれたらきっと、もっといい展開があるから。
曲のプロモーションビデオも同じだ。
うすぐらい近未来の大都会で、宇多田ヒカルが、空をとぶメカニカルを、飛ばしている。
灰色の街並みに、彼女の服の色だけが、あざやかだ。
なにを、待ってほしいのだろう。
なにから、逃げないでほしいんだろう。
曲のほんとうのタイトルは、「リスク」だったらしい。
「宇多田ヒカル リスク」という文字のならびがわかりにくいから、リスクは副題におとされた。
逃げているのは、リスクからだろうか。


ニーバーの祈りというものがある。
19世紀の神学者ラインホルド・ニーバーの考案したらしい、祈りのことばである。
聞いたとき、この曲が脳内で流れだした。
wait&seeに出典があったのだと、はじめて知ったのだった。
ニーバーの祈りは、こうはじまる。

変えることのできないものを、静かにうけいれる力を、
変えなければいけないものを、変える勇気を、
そしてそのふたつを、区別する智慧を、神よ、あたえ給え。
God, give us grace to accept with serenity
the things that cannot be changed,
Courage to change the things
which should be changed,
and the Wisdom to distinguish
the one from the other.

これはそんなに容易なのだろうか。
区別する智慧は、わたしたちに備わっているのだろうか。
受容と勇気を、瞬時に切りかえることができるのだろうか。


宇多田ヒカルの歌詞は、隣接する行がつながっていないことが、とてもよくある。
分解して並べかえると、こうなる(気がする)。

決めつけるのは早すぎる。
どうしても迷ってしまう。
リスクがつきものだから。
痛いのはいやだから。
おそれないことは無理。

でもちょっと待って、ねえ待って。
リスクがあるからこそ、戦うほどに強くなる。
それはそんなに悪くはない。


彼女の著書『点』に、こんな一節があった。

「諦め」という屍を苗床に、「願い」と「祈り」という雑草が、どんどん私の心を覆い尽くしていった。
絶望が深くなればなるほど、この雑草もたくましさを増すようで、摘んでも摘んでもまた生えてくる、やっかいなものだった。
でも「願うこと」「祈ること」は、「求めること」と決定的に違う。(略)
それに、願いと祈りをなくしたら私になにが残るだろう。
人ではいられないだろう。

あきらめないということは、願いと祈りにつながる。
このふたつには、リスクがつきまとう。
それでも、願わずにはいられない。祈らずにはいられない。
だって、そうしないと、彼女はひとではなくなってしまう。
リスクをとるほかないのだ。

ひきつづき、『点』から。

たどり着いた結論は「疑いはいつまでも残り、だから信用することに意味がある」ってこと。
疑いがなくて、誰でも信用することが普通だったら意味はない。
そこに疑いがあるから、私は人を信じるんだろうなって。
だから、疑念とか疑問とかを持つのは悪いことだけではないと思う。なぜなら、疑いは、人を特別に信用することを可能にさせるから。

だから彼女は、待ってほしいと歌う。
占いなんて信じないで。
決めつけないで。
リスクから逃げないで。
変えられるもの、変えられないもの、それを見極めるちからはない。
どうやったってついてまわる。
疑いは、いつまでも残る。
でも、待ってほしい。
結論をださないで、もう少しだけ待って。

リスクは、疑いは、人を特別に信用することを、可能にさせるから。

 

Wait & See ?リスク?

▲この服、いま見てもかわいい~

Wait & See?リスク? [DVD]

▲このプロモもかっこいい