ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

鬼才からの賀状テロ 1

尾張にすむ、園芸部の鬼才からとどいた、年賀状をご紹介します。

 ゴールドです。
綺羅綺羅しいです。
めでたい正月にふさわしいです。
金とは退魔の色です。
年賀のあいさつついでに魔を払ってくれる、さすがの心づかいです。
とどいた賀状のなかで、ひときわ異彩を放つのも、無理からぬことです。
賀状なんて、ちいさい概念におさまるものではありません。

 

▼部分拡大。

 ゴールドの異人さんがどうして、ふんどしをしているのか。
手錠をしながら、どうして武器をもっているのか。
武器のようでいて、フラミンゴな頭飾りはなんなのか。
どうして殺傷力がまったく見受けられないのか。
謹賀新年の「金」のあたり、芸がこまかいです。
ゴールドへの、こまかい希求が、みとめられます。
トランプタワーでもかまわないそうです。時事ネタもおさえてあります。

 

▼部分拡大。

 金塊のまえにたたずむ、4人。
はだかに白衣、水着にゴールド。いいドヤ顔です。
「油田」の金文字が、ひかる逸品です。

 

 ▼やっぱり大切なのは愛だそうです。どの口が、そんな戯言を。

バミューダ・トライアングルとか書いてあります。超常現象です。これ、年賀状です。

 

▼今年のテーマは、古代からのメッセージだそうです。

メッセージ内容は、うんざりするくらいわかりやすく提示くださっています。
干支とか、ちいさいことをいってはいけません。

 

▼全景。

求む油田・オイルマネー。
願いごとは、わかりやすく放ったほうがいいと聞きます。
神々に対して、明示とはどういうことか、教えてくれています。


というわけで、賀状テロをお送りしました。つづく。