ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

謎は謎のままで

謎は謎のままで、ずっとずっと魅力的だった。

切り裂きジャックが判明したと、メディア記事がでていた。
(ただし信憑性は不明)

ときは、19世紀、蒸気と石炭のロンドン。
既存の富はかたむき、あらたに成金があふれ、クジャクのように社交界になだれこんでいた。
ねずみのように貧しい孤児たちは、煤だらけで炭砿にたむろする。
世紀末ロンドンの貧民街に、連続殺人がおこる。
その身を散らしていくのは、街角にたつ売春婦たち。
えぐられた内臓、のこされた血文字。
スコットランドヤードは、犯人をつかまえることはできなかった。
あれほど遺留品がのこされていながら。
あれほど世間をさわがせていながら。
ついには、迷宮入りとなった。ヤードの権威は地におちた。

とはいえ、物語はここではおわらない。
ひとは噂する。推理する。犯人はだれだろう。
売春婦たちを猟奇的に殺害し、血文字のメッセージをのこした。
事件そのものがセンセーショナルだった。
あまたのフィクションでとりあげられ、被疑者はたくさんあげられた。
王室関係者に口封じをされた説。
それはそれはきれいに内臓をとりだしていたので、ユダヤ人肉屋。
アリバイのない弁護士。
ある高貴な血の人。
精神病入院歴のある床屋。
なんてもっともらしい被疑者たち。

それがついに、確定したらしい。
100年を経て、現場の遺留品から、DNA鑑定をした。
当時、スコットランドヤードが追いつめたうちのひとり、床屋のDNAと一致した。

しかしなんだろう、なんとなくただよう、がっかり感。

そういえば、少し前に、アナスタシアの死の時期についての記事もでていた。
ついに確定したらしい。
19世紀末、華やかなりしロシア帝政が崩壊した。
革命は、ときの皇帝ニコライ2世を、ゆるさなかった。
皇帝一家7人、もろとも銃殺した。
女も子どもも、見逃されはしなかった。
全滅だったと、思われた。
生き残っていてほしいと望むのは、ひとのさがなのだろうか。
せめてと思ってしまうのだろうか。
目撃者がいった。
アナスタシアは、あのときまだ息をしていた。声をあげていた。
もしかしたら、助けだされたかもしれない。
即死じゃなかったのだから。
だれが助け出したともいえないのに、候補をあげられないのに、衆人は甘い夢をみた。
風説が流れた。
アナスタシアは生き延びた。
自称アナスタシアが、複数うまれた。
あわれんだ武官に助けられたのだと、記憶喪失に陥ったけれど、ようやっと、その記憶をとりもどしたのだと、訴えかけた。
もっともらしく、社会に信じられた者さえいた。
アナスタシアは、死ななかったかもしれないのだ。

しかしながら、今回の遺骨の分析で、すべて偽物だと確定した。
偽称だった。ぜんぶにせもの。
アナスタシアは、皇帝一族と運命をともにした。
それで確定。
ものがたりは、おしまい。もうおわり。
つづいてはいなかった。
夢をみていただけなのだ。
17歳の皇女が、若いみそらで、その身を散らさなかったと。

ついに!
もうずっと解決しないと思っていたのに!
謎は謎のままだと思っていたのに!
あたりに声をかけて、拍手をしながらスタンディングオベーションしたい気もする。
謎は解き明かされたのだ。
迷宮入りではなかったのだ。
科学が勝利した。
……なにに?
わたしたちは克服しつつある。
ねえ、なにを?

しばらくすると、去来するものがある。
あれれ、なんだろうこのきもち。
結末に、まったく惹かれない。
なにかだいじなものが、失われた。
桃色のひかりを放つ砂が、ついにはおちきってしまった砂時計のように、からっぽのガラス製品がおいてある。
霧と消えたのは、可能性が生んでいた何か。

それと同じようなものを、わたしは知っている。
龍馬を殺した犯人。
邪馬台国の場所。
そして、カスパー・ハウザーを殺した犯人。

カスパー・ハウザーは、19世紀ドイツの片田舎で発見された。
異様だった。
16歳ほどなのに、野生児のようだった。
オオカミに育てられたといったほうが、周囲を納得させたかもしれない。
マナーというマナー、ことばということばを何も知らなかった。
パンと水しか受け付けなかった。
感覚器もほとんど機能していなかった。
ひかりや物音に、異常なほどに反応した。
ただし、時代は19世紀。ドイツは後進国ではなかった。
言語学者や神学者、教育学者がよってたかって、かれを教育した。
そしてかれは語りだす。
地下の座敷牢で、ずっとひとりですごしていた。
あったのは、木馬がひとつ。
出自があきらかになろうとするころ、かれは刺された。
刺傷がもとで、はかなく世を去った。享年21歳。

さあ、のこったのは、謎がひとつ。
どうしてかれは、座敷牢にとじこめられていたのか。
かれを逃がしたのは、だれなのか。
どうして、ひとおもいに殺さなかったのか。
いや、殺せなかったのだろうか。

やはり世間はいうだろう。落胤である。高貴な生まれである。
家と家との、権力争いにまきこまれたのだ。
だって男子だ。世継ぎになりうる。
死産だったとしたら、よろこぶ一派が必ずいる。
ああ、この顔、どこかで見たことがある。
あれじゃないか、きれいな服をきて大きな家に住んでいる、あの一家に。
顔が似ている、そう、バーデン公爵家だ。
うまれは、公子だったのかもしれない。

カスパー・ハウザー。
闇である。
なんの罪もないこどもが16年間も、監禁されていたなど、闇でしかない。
人間の業とかなしみを、くったくたに煮込んだグロテスクな果実である。
でも同時に思うのだ。
無残に散ったあの子どもが、やっと自分の人生をあるきだそうとしていた不格好な子どもが、もし高貴な生まれだったとしたら。
ねずみのような貧しい孤児ではなく、貴種ゆえの悲劇であったとしたら。
すこしは供養になるのかもしれない。
すこしは浮かばれるのかもしれない。
貴種であれば、ゆるすだろう。
みずからにふりかかった苦海を、うらむでもなく、呪うでもなく。
すこしばかりのかなしみとともに、受容するだろう。
だってそれが貴種なのだから。
そしてかれはきっと、聖者の行進にむかえいれられるだろう。


…というわけで、かれの出自の真相は、いまだ不明。
謎は謎のままで、ひとのこころを捕らえつづける。

 

 

アナスタシア [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

▲アナスタシアが死ななかった例。

ロマノフ朝最後の皇女 アナスタシアのアルバム―その生活の記録

▲美少女なのでよりいっそう生存説が高まる。