ふみのや ときわ堂

季感と哀歓、歴史と名残りの雑記帳

新時代にいきる女性たちへ。

みどりの黒板いっぱいに、まるっこい字で、先生が書いている。
その日が、4月のはじめての授業だった。
中学2年生相手に、先生は好きなことばを書いている。
20代後半くらいにみえた。
よく通る声の、華奢な国語教師だった。
黒いショートカットに、くっきり二重の眼は、くろぐろとしていた。

文豪のことを、略して呼んだ。
鴎外、太宰、漱石、賢治。
中学2年生には衝撃だった。
ともだちのように、見知らぬ人を呼んでいる。
生徒たちのことも、苗字で呼びすてにした。
女子校だったためか、ほかはどの先生も、さんをつけていた。
呼びすてにしたのは、あとにもさきにも、このひとだけだった。

 

先生は、黒板に書きつづけている。
さほどうまくはない、トメやハネのない文字だった。
チョークの筆圧もつよくなかった。


高村智恵子ののこしたものだという。
ときは明治なかば。
彫刻家で詩人であった、高村光太郎の妻にあたる。
タイトルは「新時代にいきる女性たちへ」。
なんて、胸おどらせる題だろう。
女性たちに、新時代がやってきたのだ。
そう、それはいまのわたしたちとも、だぶっている。
14歳のわたしたちにも、輝かしい新時代がやってくる。
根拠なんてない。
だって21世紀なのだ。新世紀、あたらしい境目。
新元号に、なにか刷新されるような、あわいものを託すのと同じだ。
数字のカウントがかわるだけなのに、ひとはそれに、なにかを託す。
なにかを夢見る。
新時代にいきる女性たち。
封建制度が崩壊して、解き放たれた女性たち。
西洋女性のように、前にでるようになってゆく女性たち。
突然、ひらかれたのだ。
旧世代には、あたえられなかったもの。
その名は、自由。

 

新時代にいきる女性たちへ/高村智恵子
あなたご自身
如何なる方向
如何なる境遇
如何なる場合に処するにも
ただ一つの内なるこえ
たましいに聞くことをお忘れにならないよう。
この一事さえ確かなら
あらゆる事にあなたを大胆にお放ちなさい。
それはもっとも旧く最も新しい
成長への唯一の人間の道と信じます故。


智恵子の人生は、決して平坦にはおわらなかった。
彼女が、内なるこえを聞きつづけていられたのかも、首肯できないだろう。
それでもこのとき、彼女は願ったのだ。
明治なかばに豪商の家にうまれ、女学校から、大学にまで学んだ。
自分の才を信じて、洋画の道をあゆんだ。
それどころか、自由恋愛までしたのだった。
恋愛結婚がふつうになるまでに、時代はあと50年を必要とする。
半世紀も先取っていたのだ。
彼女はきわめて情熱的に、最愛の人と結ばれた。
きっとこのとき、大胆に自分を放ったんだろう。
ただひとつ、内なる声をきいたのだろう。
たましいにきいたのだろう。
それは、高村光太郎の智恵子抄に、いまも生き生きと留まりつづけている。
いかなる人生をあゆもうと、たとえそこに悲劇があろうと、その事実はゆるがない。
文学には、そのちからがある。

 

美しい表紙で読みたい 智恵子抄

美しい表紙で読みたい 智恵子抄

 

▲この本、何度読んでもつらい。